3、そのままの自分を語る

人は自分を素直に表現すると楽なのです。
出来る限りそのままの自分を語るようにしましょう。

人前で話すときに緊張をもたらす大きな原因のひとつは、「うまく話そう」とか「いいとこ見せてやろう」といった心を起こしたときです。

そして取り繕ったり、虚飾をまじえて話すと、その時はうまくいったつもりでも、そうした話し方が本来の話す楽しさから遠ざけていきます。

素直なそのままの自分が話せるようになると、
話す楽しさがわかってきます。


そして自分が変わってきます。

目次に戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする