5 セルフイメージを変える

「私はプレゼンが苦手だ」「司会なんて私にはできない」という思いをセルフイメージと言います。
セルフイメージはとても重要です。

セルフイメージは、自分の行動や考え方、習慣、発言などを決定づけ、そのイメージ通りに自分が影響を受けていくからです。

「私はプレゼンが苦手だ」と思っている人は、「プレゼンやって」と言われたときに、「すごく嫌!どうしよう」と思いますし、当然緊張もひどくなります。苦手意識が強い分、うまくいかなくなる確率も高くなります。

「私はプレゼンにはまだ自信はないけど、何とかなるでしょう」というイメージに変えれば、何とかなるように努力をしていきます。「すごく嫌」と「何とかなるでしょう」という思いの違いは大きいのです。

セルフイメージを変えていくのには、自分が一番変えやすい分野から変えていけばいいですね。
私がお勧めなのは司会です。

司会の経験がない人は、「司会なんて私にはできない」とほとんどの人が思い込んでいます。
でも、司会でむずかしいのは時間的な配慮だけだと言ってもいいくらいです。

司会が苦手というのは、食わず嫌いといってもいいくらいで、「司会をやって」と言われる人なら、ちょっと司会の練習をするだけで苦手意識はなくなります。

セルフイメージは、変えることが出来るところから変えていきましょう。

自分を変えるきっかけは、ちょっとしたチャンスとちょっとした勇気でもあるんです。

司会に限らず、人前で自分の過去の苦しみを話したことで、大きく変わっていった人を何人も見てきました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする